Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2012年7月1日日曜日

新着論文(Science#6089)

Science
VOL 336, ISSUE 6089, PAGES 1609-1740 (29 June 2012)

Editor'S Choice
Debating the Grandest Canyon
最も偉大な渓谷の議論
J. Geophys. Res. 117, 10.1029/2012JE004059 (2012); Lithosphere 4, 10.1130/L192.1 (2012).
火星のMarineris渓谷は太陽系で最も大きい渓谷である(長さ数千km、深さ5-10km)。Tharsis火山の縁に位置しているが、成因はまだ分かっていない。Tharsis火山の地下は地殻のみによって支えられておらず、かつてのテクトニクス境界の名残が見られる。この境界にできた火山活動によって地殻が不安定化し、陥没したことによって渓谷が形成されたと考えられる。また左横ずれ断層が観察されている。

News of the Week
More Studies on Neglected Tropical Diseases 
無視された熱帯病に対するより多くの研究
「無視された熱帯病(NTD)」とは貧しい国に特有だがあまり薬の開発がなされていない病気で、結核・エイズ・マラリアなどは除く。近年NTDの開発が進んできており、特にデング熱の薬の開発が顕著らしい。しかしまだ十分ではないようだ。


Privatizing the Hunt for Asteroids
小惑星狩りを民営化する

バラクオバマ大統領は地球に接近する小惑星を早期に発見するようNASAに要請している。また起業家たちは採鉱のために小惑星を探しているものもいる。カリフォルニアに拠点を置く非営利団体の「B612ミッション」は豊富な資金をもとに、地球の内側を周回して危険な小惑星を監視する衛星の打ち上げを計画している。

A Galápagos Legend Dies
ガラパゴスの伝説が死ぬ

「Lonesome George(孤独なジョージ)」の名で知られるガラパゴスリクガメが6/24に死んでしまった。1971年にJoseph Vagvolgyiによって発見されて以来、ガラパゴスのアイドル的存在だったらしい。繁殖を指せようと近縁種のメスのリクガメをあてがったが、不妊の卵が産まれただけで効果はなかった。通常200歳まで生きるため、100歳で死んでしまったGeorgeの死因がこれから調査される。

Condors Suffer Lead Poisoning
コンドルが鉛毒に苦しむ

絶滅の危機に瀕しているカリフォルニアコンドルを捕獲し、繁殖させる試みによってその数は400頭に回復したものの、彼らは鉛による毒に侵されているらしい。原因は鉛製の弾丸によって殺された動物の死体を彼らが食べているせいと考えられる。150頭ほどのコンドルの血液サンプル中の鉛の同位体分析によって明らかになったらしい。高濃度の鉛は消化器系に影響し、コンドルの飢餓を招くらしいが、鉛毒の影響が完全になくなったとしても、彼らは自然界で自らの力だけでは生きていけないらしい。

News & Analysis
Fences Make Good Nest Sites
フェンスが巣に適した場所を作る
Christopher Pala
ハワイ・オアフ島における海鳥の保護プログラム「A fence-and-exterminate program」は、鳥類の中でもとくに個体数の減少率が大きい海鳥を対象に保護活動を行っている。

Cassini Spies an Ocean Inside Saturn's Icy, Gassy Moon Titan
カッシーニが氷っぽく気体っぽい土星の衛星「Titan」の内部海をスパイする
Richard A. Kerr
探査機カッシーニがTitanの表面を覆う厚さ100kmの氷の内部の海に潜行した?実際に潜行したのではなく、周回しながら速度の変化を詳細に測定し、内部の構造を推定したらしい。それによると潮汐加熱によって内部海が存在し、表面を覆う氷の厚さは100kmに及び、その下に海が存在すると考えられる。さらに海の下は奇妙なほど柔らかい物質が存在するかも?海があるからといって生命が存在すると考えるのは早計で、エウロパなどと違って温度が低く生命を支えるには適した環境ではなさそう。しかし過去においては?またタイタンの大気はメタンでできており、太陽紫外線によって有機物が合成されているはず。通常メタンは分解され尽くしてしまうはずだが、大気中に残存しているのが謎とされている。海にメタンの供給源がある?

News in Focus
A New Dawn for China's Space Scientists
中国の新しい宇宙科学者の夜明け

Milestones of China's Space Program
中国の宇宙プログラムの道しるべ

Entangled Secret Messages From Space
宇宙からの複雑に隠されたメッセージ

Run by the Army for the Army?
軍による軍のための実行
Richard Stone
最近の中国の宇宙関連の出来事のまとめ。2007年1月の人工衛星を撃ち落とすためのミサイル発射実験はウォーミングアップに過ぎなかった?

Perspectives
On the Invention of Pottery
陶器の発明について
Gideon Shelach
初期のアジアにおける陶器の意味とは?農業に1万年も先立って登場している。

Old and Groovy
古く、かっこいい
Mary L. Droser and James G. Gehling
585Ma(プレカンブリアン)に相当する生痕化石。これはいったい何によって作られた?

Brevia
Hesperian Age for Western Medusae Fossae Formation, Mars
James R. Zimbelman and Stephen P. Scheidt
火星のMedusae Fossae Formation (MFF;メデゥーサフォッサ層準)の年代について。Hesperianと呼ばれる時代に形成された地層?

Reports
Major Earthquakes Occur Regularly on an Isolated Plate Boundary Fault
Kelvin R. Berryman, Ursula A. Cochran, Kate J. Clark, Glenn P. Biasi, Robert M. Langridge, and Pilar Villamor
過去8000年分のニュージーランドの地震の履歴から再来周期を推定。およそ300年。プレート境界型の地震の再来周期モデルは汎世界的に通用する?

Bilaterian Burrows and Grazing Behavior at >585 Million Years Ago
Ernesto Pecoits, Kurt O. Konhauser, Natalie R. Aubet, Larry M. Heaman, Gerardo Veroslavsky, Richard A. Stern, and Murray K. Gingras
分子時計とバイオマーカーを用いた年代推定からはエディアカラ初期に既に左右相称動物が現れていたと推定されるが、そのような化石や生痕化石はこれまで見つかっていなかった。ウルグアイのTacuarí Formation(タクアリ層準)に貫入する花崗岩ダイクのジルコンを用いた年代決定からこの層準に見られる生痕化石は少なくとも585Maという古さを持っていることが分かった。Neoproteozoicの氷河化と左右相称動物の出現との関係を知る上で非常に重要な知見を与えてくれる。

Early Pottery at 20,000 Years Ago in Xianrendong Cave, China
Xiaohong Wu, Chi Zhang, Paul Goldberg, David Cohen, Yan Pan, Trina Arpin, and Ofer Bar-Yosef
中国のXianrendong洞窟から発掘された陶器破片などを利用して放射性炭素年代測定。東アジアのどの地域よりも古い20-19kaという年代が得られた。おそらくLGMの狩猟採集民族が調理器具として使っていたと思われる。農業が始まるよりも1万年も早く陶器製作が始まっていたことが分かった。

The Paleozoic Origin of Enzymatic Lignin Decomposition Reconstructed from 31 Fungal Genomes
Dimitrios Floudas et al.
分解されにくいリグニンのおかげで木は腐食されにくく、陸上の重要な炭素リザーバーの一つである。唯一リグニンを分解できるのは「white rot fungi(白腐敗真菌?)」だけである。真菌類のゲノムを解析し分子時計を用いてリグニン分解酵素の発現時期を推定したところ、石炭紀終わり頃の炭素保存速度が急激に低下した時期に相当することが分かった。