Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2017年8月29日火曜日

インターラーケン・オスト駅からユングフラウ・ヨッホへの行き方

先日学会でスイスのインターラーケン(Interlaken)に行ってきました。
今回は日帰りで行く、ユングフラウヨッホ(Jungfraujoch)駅への行き方を記しておきたいと思います。
ユングフラウヨッホからは世界遺産にもなっているアイガー氷河の絶景を見ることができます。他にもアイガーの切り立った山頂を眺めることもできます。

行く前々日に色々と調べましたが、あまり詳しい日本語のサイトがなかったので、「行きたいけど色々と不安が…」と思っている人の参考になればと思い記す次第です。

2通りの行き方がありますが、チケットは共通で、どちらのルートで行っても構いません(私は行き帰り別の路線を利用)。
1)インターラーケン・オスト〜ラウターブルンネン(Lauterbrunnen)〜クライネシャイデック〜ユングフラウヨッホ
2)インターラーケン・オスト〜グリンデルワルド(Grindelwald)〜クライネシャイデック〜ユングフラウヨッホ



私は行きは(1)、帰りは(2)のルートで行きました。
インターラーケン・オスト(Interlaken Ost)からは2回の乗り換えで行くことができます。それぞれの駅が小さいので、乗り換えにはほとんど不安はありません。アナウンスでもはっきりと「何番線の列車に乗りなさい」と言われるので安心です。

頂上付近にあるクライネシャイデック(Kleine Scheidegg)駅からユングフラウヨッホ駅へは1本です。

まずチケットに関してですが、ネット上で予約できます。

今回私は「Good Morning Ticket」という格安チケットを予約しました。
一応2017年5月から10月まで使えるチケットです。来年以降もあるのかは不明。
このチケットでは、
行きは8:00か8:30にクライネシャイデック駅を出る電車
帰りは13:13までにユングフラウヨッホ駅を去る電車
を利用することが割引の条件です。


私は行きは8:00、帰りは12時台の列車を予約しました。


予約をするかどうかの選択があります(行き帰りそれぞれ5ユーロずつ)。念のため私は予約しましたが、平日だったこともあり、正直いらないくらい席は空いていました。
団体予約の場合はやっといた方が無難かなとは思いましたが。


実は、この画面から予約をしていくと、指定された時間以外の時間も予約できてしまいますが、ルールは守りましょう(どうなるかは不明)。


あとは清算(Chek out)してクレジットカード等で購入すればOK。

登録したメール宛に購入情報が送られてきます。



ここでiPhoneの人はApple Wallet等のアプリにチケットを保存できますが、なんと乗車券のほうはバーコードが裏に記されており、オンラインの場合のみダウンロードできます。つまり海外で機内モードになっている携帯ではバーコードを表示することができません!(なんだそりゃ!)
シートの予約のほうは表面にバーコードが表示されているので大丈夫です。

それとは別に、マイページからチケットのpdfをダウンロードできます。



マイページにログインし、注文(orders)をクリックすると見られます。


ダウンロードしたファイルは、iBooksやDropbox(オフライン)などに保存しておくと便利です。乗車券及び予約票が繋がったpdfになっています。

クライネシャイデック駅からユングフラウヨッホ間では、2駅停車しますが、「アイスメーア( Eismeer)」駅では5分間停車し、展望台からの氷河の景色を楽しむことができます。
みなさん降りるでのすぐ分かりますし、アナウンスで「2分後に発車するので列車に戻ってね」と言われるので、乗り遅れることはまずないでしょう。


最終目的地であるユングフラウヨッホ駅に着くと順路がしっかりと整備されているので、スフィンクス展望台や氷の宮殿、氷の平原を順に見て回りましょう(せっかく見に行く楽しみを削いではいけないので、風景の写真はちょっとだけ)。



実は中のレストランや土産物店はほとんど早朝は空いていません。
土産物は9:45、リンツのチョコレート店は10:00開店でした。

私は1時間半ほどで全部見終わってしまい、早めに下山することにしました。
一応12時台の列車を予約していましたが、10:13の帰りの列車に乗りました。予約なしの列から乗車し、駅員さんにチケット見られましたが、特に何も言われませんでした。

帰りはアイスメーア駅は素通りしてしまうので、行きに風景を楽しみましょう。

私はその後「アイガーグレッチャー(Eigergletscher)」駅で途中下車し、下りのハイキングを楽しみました。

時間がちょうど良かったので、途中にあったクライネシャイデック駅でランチをしました。
アイガー北壁が倒れてきそうなほど近い、圧巻の風景の中、スイス料理を堪能。



グリンデルワルド駅に至るハイキングコースを選びました。電車のルートにほぼ並行しているので、疲れたらどこの駅からも電車に乗れます。

歩き下ること2時間ほどでさすがに疲れてきて、グリンデルワルドまでは歩けないと判断し、ブランデッグ(Brandegg)駅で下りの電車に乗り、グリンデルワルド経由で帰途につきました。
途中Grindelwald Grud駅でスイッチバックをし、終点のグリンデルワルドに向かいます。紛らわしいので注意が必要。

あとはインターラーケンオスト行きの電車にのればインターラーケンに帰れます。

朝は6:00頃ホテルを出ましたが、帰り着いたのは15:00。9時間の日帰り旅で大変疲れましたが、アルプスの氷河が作った絶景を満喫しました!