Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2012年3月30日金曜日

新着論文(Science)

Science
VOL 335, ISSUE 6076, PAGES 1533-1660 (30 March 2012)

Editors' Choice
Extreme melting
Geophys. Res. Lett. 39, L06801 (2012).
温暖化した世界では気象現象がより頻繁に・強く起こることが予測されている。また温暖化の速度は北極海が最も大きい。北極海の海氷の後退が大気海洋の熱バランスに影響し、気象現象の西から東への伝播が遅くなる、つまりそのもたらす影響が増すことが北半球の中・高緯度のデータから分かった。

Around the World
World’s First Solo Dive To Challenger Deep
チャレンジャー海溝にジェームズ・キャメロンが単独潜行に成功。独自の潜水艇(Deep Sea Challenger)は生物・堆積物コア採取器、CTD、ビデオカメラを搭載しているらしい。1960年の潜行以来2度目の快挙。

Commentary
Letters
Protecting Brazil’s Coastal Wetlands
ANDRE SCARLATE ROVAI, RICARDO PALAMAR MENGHINI, YARA SCHAEFFER-NOVELLI, GILBERTO CINTRÓN MOLERO, CLEMENTE COELHO JR. 
世界で3番目に大きい、ブラジルの沿岸部の湿地帯(マングローブ林など)は豊かな生態系を擁護しているが、海老の養殖地の開発などによって環境悪化が進んでいる。こうした湿地帯は炭素の吸収源としても重要で、地球全体の海洋・海洋沿岸部生態系で吸収される炭素のうちの50%を占めている。さらに海洋性堆積物による炭素除去(大気の二酸化炭素を固定し、埋没)の71%を占める。

Perspectives
Keeping Time with Earth’s Heaviest Element
Claudine H. Stirling
Heis et al. の解説記事。

Brevia
Integrated Electromicrobial Conversion of CO2 to Higher Alcohols
Han Li, Paul H. Opgenorth, David G. Wernick, Steve Rogers, Tung-Yun Wu, Wendy Higashide, Peter Malati, Yi-Xin Huo,Kwang Myung Cho, and James C. Liao
微生物を使って二酸化炭素を液体燃料(アルコール)と電気エネルギーに変える手法について。

Reports
238U/235U Systematics in Terrestrial Uranium-Bearing Minerals
Joe Hiess, Daniel J. Condon, Noah McLean, and Stephen R. Noble
U-Pb壊変系列を用いた年代測定は現在の238U/235Uが一定であることを仮定することが多いが、高精度の測定から岩相によって広い値をとることが分かった。