Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2012年12月29日土曜日

新着論文(EPSL, CG, QG)

※論文アラートより

Millennial-scale climate variability during the last 12.5 ka recorded in a Caribbean speleothem  
Claudia Fensterer, Denis Scholz, Dirk L. Hoffmann, Christoph Spötl, Andrea Schröder-Ritzrau, Christian Horn, Jesus M. Pajón, Augusto Mangini
Earth and Planetary Science Letters, Volume 361, 1 January 2013, Pages 143-151 
キューバ西部で得られた2本の石筍から過去12.5kaの水循環を復元。10 - 6 kaにδ18Oが負に変化し、Haitiで得られた浮遊性有孔虫δ18O(海水のδ118O)とも整合的。また数千年スケールではBondサイクルと類似した変動が確認された。北大西洋とITCZのテレコネクションが原因と考えられる。

Changes in sea-surface conditions in the Equatorial Pacific during the middle Miocene–Pliocene as inferred from coccolith geochemistry
Gabrielle Rousselle, Catherine Beltran, Marie-Alexandrine Sicre, Isabella Raffi, Marc De Rafélis
Earth and Planetary Science Letters, Available online 20 December 2012, Pages 
東赤道太平洋で得られた堆積物コアのアルケノンと円石藻δ18Oを用いて過去16Maの表層水温と塩分を復元。他の海域のデータと併せて考えると、冷舌は4.4 - 3.6 Ma頃から出現し始めたと考えられる。

Constraining calcium isotope fractionation (δ44/40Ca) in modern and fossil scleractinian coral skeleton
Chloé Pretet, Elias Samankassou, Thomas Felis, Stéphanie Reynaud, Florian Böhm, Anton Eisenhauer, Christine Ferrier-Pagès, Jean-Pierre Gattuso, Gilbert Camoin
Chemical Geology, Available online 19 December 2012, Pages
様々な種類のモルジブの現生サンゴ、タヒチの化石サンゴ、飼育サンゴのδ44/40Caを測定。種によらず、0.6 - 0.1‰の同位体分別が確認され、成長量との相関は見られなかった。またS/Caやδ18Oとも相関が見られないことから、温度以外にも分別を支配している変数があると考えられる。’生体効果’がうまく判別できれば、δ44/40Caから過去の海水のカルシウムの濃度や収支を探ることが可能かもしれない。

Age models for long lacustrine sediment records using multiple dating approaches – an example from Lake Bosumtwi, Ghana
Timothy M. Shanahan, John A. Peck, Nicholas McKay, Clifford W. Heil, John King, Steven L. Forman, Dirk L. Hoffmann, David A. Richards, Jonathan T. Overpeck, Christopher Scholz
Quaternary Geochronology, Available online 19 December 2012, Pages 
ガーナのBosumtwi湖から得られた全長300mもの良質な堆積物コアの上部150ka分の年代モデル構築について。14C、U/Th、OSL、古地磁気を用いた年代モデルを比較したところ、よい一致を見せた。古地磁気と南極のダストの記録との良い相関関係を利用し、今後は年代モデルをより延長する予定。