Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2012年6月9日土曜日

新着論文(PNAS、EPSL)

PNAS
Vol. 109, No. 23 (5 June 2012)

Sulfur isotope variability of oceanic DMSP generation and its contributions to marine biogenic sulfur emissions
Harry Oduro, Kathryn L. Van Alstyne, and James Farquhar
海洋性エアロゾルの一種であるdimethylsulfoniopropionate (DMSP) はdimethylsulfide (DMS)の前駆体であり、海洋微生物によって生成されている。DMSPの硫黄同位体測定を測定したところ、海水の硫黄同位体とは異なる値が得られた。供給源の変化(生産者の変化など)というよりも寧ろ、生物の代謝過程にコントロールされている?
    
Predominance of heavily calcified coccolithophores at low CaCO3 saturation during winter in the Bay of Biscay
Helen E. K. Smith, Toby Tyrrell, Anastasia Charalampopoulou, Cynthia Dumousseaud, Oliver J. Legge, Sarah Birchenough, Laura R. Pettit, Rebecca Garley, Sue E. Hartman, Mark C. Hartman, Navjit Sagoo, Chris J. Daniels, Eric P. Achterberg, and David J. Hydes
Biscay湾において1年間にわたって詳細に円石藻の殻の様子や海水の観測を行ったところ、酸性度が増す(pCO2濃度が高まる)冬期において、円石藻が通常よりも厚い殻を形成していることが分かった。これは従来考えられていた酸性化において円石藻の殻が溶けるという予測に反するものであり、円石藻の酸性化に対する応答に対して疑問を投げかけるものである。

EPSL
Volumes 331–332, Pages 1-370 (15 May 2012) 

Mid- to late Holocene changes in tropical Atlantic temperature seasonality and interannual to multidecadal variability documented in southern Caribbean corals
Cyril Giry, Thomas Felis, Martin Kölling, Denis Scholz, Wei Wei, Gerrit Lohmann, Sander Scheffers
カリブ海のサンゴ(Diploria strigosa)のSr/Caから中期-後期完新世における月レベルの時間解像度のSSTを復元(最長で67年間)。中期完新世はSSTの変動幅が大きく、モデル結果とも整合的。ENSOも今より強化されていた?


East African mid-Holocene wet–dry transition recorded in palaeo-shorelines of Lake Turkana, northern Kenya Rift
Yannick Garcin, Daniel Melnick, Manfred R. Strecker, Daniel Olago, Jean-Jacques Tiercelin
ケニア北部に位置するTurkana湖の古水面を復元したところ、5.3kaに50mもの大きな低下が確認され、原因は干ばつと考えられる。この地域に住んでいた古代人の生活に影響した?