Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2012年5月16日水曜日

新着論文(QSR#41-43)

Quaternary Science Reviews


☆Volume 41, Pages 1-146 (18 May 2012)
Deglacial changes of the southern margin of the southern westerly winds revealed by terrestrial records from SW Patagonia (52°S)
P.I. Moreno, R. Villa-Martínez, M.L. Cárdenas, E.A. Sagredo
パタゴニア南西部の泥炭地から堆積物を採取し、様々な間接指標を用いて最終退氷期における古環境を復元。特にACRのときの乾燥化(湖水面の低下)とその後のYDの時の湿潤化が顕著。原因としては南半球の偏西風の位置が変化したため?

Timing and structure of the Younger Dryas event in northern China
Zhi-Bang Ma, Hai Cheng, Ming Tan, R. Lawrence Edwards, Hong-Chun Li, Chen-Feng You, Wu-Hui Duan, Xu Wang, Megan J. Kelly
北京近郊で得られた鍾乳石から14-10.5kaの古環境を復元。YDは12.85kaから始まり、シフトするのに340yrを要し、YDからの脱却は11.56kaからだった。他の中国の鍾乳石の記録と整合的。
Ma et al. (2012)を改変。
U/Thと年縞のカウントから詳細な絶対年代が求まっている。復元記録は他の中国の鍾乳石のものと整合的であった。

☆Volume 42, Pages 1-86 (24 May 2012)
Multi-proxy analyses of a peat bog on Isla de los Estados, easternmost Tierra del Fuego: a unique record of the variable Southern Hemisphere Westerlies since the last deglaciation
Svante Björck, Mats Rundgren, Karl Ljung, Ingmar Unkel, Åsa Wallin
Tierra del Fuego(アルゼンチン・チリ南部)の泥炭地の堆積物から過去14kaの古環境を復元。花粉や胞子など様々な間接指標を使用して、偏西風の位置や強度を議論。ACRの時に偏西風が強化。12.2-10kaの間は偏西風は南下していた?


Volume 43,  Pages 1-102 (8 June 2012)
特になし