Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2013年8月26日月曜日

新着論文(PNAS, SR, Ncom)

PNAS
20 August 2013; Vol. 110, No. 34
Commentaries
Rapid accumulation of committed sea-level rise from global warming
Benjamin H. Strauss

Reports
Minimum of the order parameter fluctuations of seismicity before major earthquakes in Japan
Nicholas V. Sarlis, Efthimios S. Skordas, Panayiotis A. Varotsos, Toshiyasu Nagao, Masashi Kamogawa, Haruo Tanaka, and Seiya Uyeda

Time-dependent climate sensitivity and the legacy of anthropogenic greenhouse gas emissions
Richard E. Zeebe
気候感度は時間スケールに依存すること、それを考える上で考慮すべき早い・短いフィードバック過程を紹介。今回用いられたモデルでは温暖化によるCO2の海水への溶解度の低下が考慮されており、温暖化の正のフィードバックとして働くことで、よりいっそう温暖化が長期化すること(23 - 165 kyr)、その結果氷床の融解と海水準上昇がより大きくなることが予想された。

The multimillennial sea-level commitment of global warming <OPEN>
Anders Levermann, Peter U. Clark, Ben Marzeion, Glenn A. Milne, David Pollard, Valentina Radic, and Alexander Robinson
温暖化による海水準上昇は温室効果ガス排出がなくなったとしても、炭素循環システムにおける大きな慣性によって将来も続くと思われる。しかし、異なる温暖化シナリオでどれほど海水準が上昇するかは不確かなままである。過去の海水準記録と物理モデルを用いて将来の海水準上昇を予測したところ、海の熱膨張によるものが0.4 m/℃、南極氷床の融解によるものが1.2 m/℃と推定された。これからの2,000年間の間に、おおよそ2.3 m/℃になると思われる。

Release of arsenic to deep groundwater in the Mekong Delta, Vietnam, linked to pumping-induced land subsidence <OPEN>
Laura E. Erban, Steven M. Gorelick, Howard A. Zebker, and Scott Fendorf
>関連した記事(Nature#7462 "RESEARCH HIGHLIGHTS")
Sinking ground poisons wells
沈む土地が井戸を毒する
東南アジアのヒ素汚染は一般的には150m以下の浅い井戸において発生しており、深い井戸は安全だとされていた。しかし、ベトナムにおける調査から、汚染が確認された。汚染地では1988年以降、地下水のくみ上げによって土地が27cm沈降しており、その結果汚染された地下水がより深部へと移動したのではないかと推定されている。

Scientific Reports
20 August 2013
New evidence for early presence of hominids in North China <OPEN>
Hong Ao et al.

Changes in the taste and textural attributes of apples in response to climate change <OPEN>
Toshihiko Sugiura, Hidekazu Ogawa, Noriaki Fukuda & Takaya Moriguchi
>関連した記事(Nature姉妹紙 注目のハイライト)
気候変動によるリンゴの味と食感の変化

New insights into hydrothermal vent processes in the unique shallow-submarine arc-volcano, Kolumbo (Santorini), Greece <OPEN>
Stephanos P. Kilias et al.

Nature Communications
21 August 2013
Marine protected area improves yield without disadvantaging fishers
Sven E. Kerwath, Henning Winker, Albrecht Götz and Colin G. Attwood
>関連した記事(Nature姉妹紙 注目のハイライト)
海洋保護区設定がもたらす利益

Estimating the tolerance of species to the effects of global environmental change
Serguei Saavedra, Rudolf P. Rohr, Vasilis Dakos and Jordi Bascompte
生物が絶滅する前にどれほど適応できるかを調べたところ、耐性は変化の方向に強く依存することが示された。