Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2013年10月31日木曜日

新着論文(Geology)

Geology
1 November 2013; Vol. 41, No. 11

Articles
Localized tsunamigenic earthquakes inferred from preferential distribution of coastal boulders on the Ryukyu Islands, Japan
Kazuhisa Goto, Kunimasa Miyagi, and Fumihiko Imamura
Multidecadal rainfall variability in South Pacific Convergence Zone as revealed by stalagmite geochemistry
J.W. Partin, T.M. Quinn, C-C Shen, J. Emile-Geay, F.W. Taylor, C.R. Maupin, K. Lin, C.S. Jackson, J.L. Banner, D.J. Sinclair, and C.-A. Huh
バヌアツから得られた鍾乳石のδ18Oから過去446年間にわたる降水量変動(SPCZ変動)を復元。おおよそ50年の長期変動と、5-10年の短期的な変動が確認された。小氷期・太陽活動変動などに起因するITCZの変動との明確な関係性は見いだせなかった。

Iron formation carbonates: Paleoceanographic proxy or recorder of microbial diagenesis?
Clark M. Johnson, James M. Ludois, Brian L. Beard, Nicolas J. Beukes, and Adriana Heimann

Carbon dioxide emission to Earth’s surface by deep-sea volcanism
Satoshi Okumura and Naoto Hirano
火山性のCO2の放出は地質学的時間スケールにおいて気候に大きく影響している。これまでその推定は島弧やホットスポット火山、中央海嶺のものをもとになされてきたが、深海底のプチスポット火山のものは考えられてこなかった。日本列島東北沖の火山からの放出量を推定したところ、従来考えられてきたよりも大きいことが示された。

Shaping post-orogenic landscapes by climate and chemical weathering
Oliver A. Chadwick, Josh J. Roering, Arjun M. Heimsath, Shaun R. Levick, Gregory P. Asner, and Lesego Khomo

The influence of reefs on the rise of Mesozoic marine crustaceans
Adiël A. Klompmaker, Carrie E. Schweitzer, Rodney M. Feldmann, and Michal Kowalewski
中生代にはエビ・カニ類といった甲殻類が劇的に進化したが、生物多様性が地質学的時間スケールでどのように定量的に変動してきたかはあまりよくわかっていない。十脚目革命(decapod revolution)はジュラ紀後期の礁の急速拡大の時期と一致していることが分かった。その後の礁の環境悪化とともに十脚目の多様性も減少していた。

Rapid high-amplitude variability in Baltic Sea hypoxia during the Holocene
Tom Jilbert and Caroline P. Slomp

High-flying diatoms: Widespread dispersal of microorganisms in an explosive volcanic eruption
Alexa R. Van Eaton, Margaret A. Harper, and Colin J.N. Wilson

Tsunami-generated turbidity current of the 2011 Tohoku-Oki earthquake
Kazuno Arai, Hajime Naruse, Ryo Miura, Kiichiro Kawamura, Ryota Hino, Yoshihiro Ito, Daisuke Inazu, Miwa Yokokawa, Norihiro Izumi, Masafumi Murayama, and Takafumi Kasaya