Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2013年10月2日水曜日

新着論文(EPSL, Geology)

Earth and Planetary Science Letters
Apparent enhancement of 234Th-based particle export associated with anticyclonic eddies
Kuanbo Zhou , Minhan Dai , Shuh-Ji Kao , Lei Wang , Peng Xiu , Fei Chai , Jiwei Tian , Yang Liu
メソスケールの渦が生物地球化学に与える影響が次第に報告されつつある。高気圧性の海洋渦が、輸送生産を促進していることが南シナ海の観測から示された。234Thを組み込んだモデルからも支持される結果が得られたが、メカニズムは非常に複雑なようである。

Deep Pacific ventilation ages during the last deglaciation: Evaluating the influence of diffusive mixing and source region reservoir age
David C. Lund
 氷期から間氷期にかけての大気中CO2濃度上昇には深層水の換気(ventilation)が重要であったと考えられているが、太平洋深層水の記録からそれを支持する証拠はほとんど得られていない。その一つの原因は深層水の年齢の推定法にあるかもしれない。
 従来のprojection age法から、トレーサーの拡散を考慮したtransit-time equilibration-time distribution(DeVries & Primeau, 2010)法に変えて計算をやり直した。結果はそれほど大きくは変わらず、HS1に1,000年、YDに500年古い深層水の年齢となった。これは南大洋において換気が活発化した(深層水の年齢は若くなるはず)という事実と相反するものである。表層水のリザーバー年代の変化によって見かけ上の深層水の年代が変化している?(浮遊性有孔虫14Cで年代モデルが作られているため)
>関連した論文
An improved method for estimating water-mass ventilation age from radiocarbon data
Tim DeVries, François Primeau
Earth and Planetary Science Letters 295 (2010) 367–378


Geology
1 October 2013; Vol. 41, No. 10

Time scales and modes of reef lagoon infilling in the Maldives and controls on the onset of reef island formation <Open Access>
C.T. Perry, P.S. Kench, S.G. Smithers, H. Yamano, M. O’Leary, and P. Gulliver
モルジブのサンゴ礁(Faro)の成因について。

Globally synchronous Marinoan deglaciation indicated by U-Pb geochronology of the Cottons Breccia, Tasmania, Australia
C.R. Calver, J.L. Crowley, M.T.D. Wingate, D.A.D. Evans, T.D. Raub, and M.D. Schmitz
>関連した記事(Nature Geoscience#September2013 "Research Highlights")
Snowball synchroneity
雪玉の同時性
Geology http://doi.org/ng2 (2013)
タスマニアで採取された岩石のU-Pb年代決定から、Marinoanスノーボールアースの終結のタイミングが南中国やナミビアから示されている年代と一致し、全球的に同時(100万年以内)であったことが示された。