Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2013年10月11日金曜日

新着論文(Science#6155)

Science
VOL 342, ISSUE 6155, PAGES 149-280 (11 OCTOBER 2013)

EDITORIAL:
Shutdown!
シャットダウン!
Marcia McNutt

Editors' Choice
Magma Writ Small
Nat. Commun. 4, 2405 (2013).

News of the Week
※今回は省略

News & Analysis
U.S. Shutdown Tightens Its Grip on Research
アメリカのシャットダウンが研究に対する影響力を強める
David Malakoff
アメリカ政府機関の閉鎖も2週目にさしかかり、科学者らはそれが長期にわたって研究に与える影響をよりいっそう心配している。

NASA Meeting Bars Chinese Students
NASAの研究集会が中国の学生の参加を禁止する
Jeffrey Mervis
NASAはアメリカの大学に在籍する中国人の学生らに来月Ames Research Centerにて開かれる宇宙物理学の研究集会への参加を禁止すると伝えている。

Farming's Tangled European Roots
もつれからまった農耕のヨーロッパのルーツ
Michael Balter
今週報告される2つの研究によれば、ヨーロッパにおける狩猟採集から農耕への変遷は長期間に及び、複雑であったらしい。

Windfall for Tiny University With Outsized Ambitions
特大の目標によって棚ぼたの小さな大学
Dennis Normile
来年度の沖縄科学技術大学院大学に対する予算は2倍になることが見込まれている。

News Focus
Impact Theory Gets Whacked
衝突理論がへたる
Daniel Clery
惑星科学者は月の成因について説明できたと思っていたが、これまででもっとも優れたコンピューター・シミュレーションと岩石の分析から、真相はもっと複雑であることが示唆されている。

Letters
Working Together to Prepare for Disasters
災害に備えるために共に働く
Kristin L. Rising and Nicole Lurie

A Model of Strength
強さのモデル
Douglas H. Johnson and R. Dennis Cook

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Research
Perspectives
Cleaner Lakes Are Dirtier Lakes
より綺麗な湖がより汚い湖に
Emily S. Bernhardt
Finlay et al.の解説記事。
リン酸の湖への流入を減らす努力は藻類の異常繁殖を抑制するが、一方で窒素汚染をより悪化させる。

Reports
Evidence for Water in the Rocky Debris of a Disrupted Extrasolar Minor Planet
太陽系外の小惑星の岩石デブリの中の水の証拠
J. Farihi, B. T. Gänsicke, and D. Koester
デブリが集積してできた星の成長後期のスペクトル分析から、水があったときの名残が明らかに。

Waveform Tomography Reveals Channeled Flow at the Base of the Oceanic Asthenosphere
波形トモグラフィーが海洋アセノスフェアの底におけるチャネル化した流れを明らかに
Scott French, Vedran Lekic, and Barbara Romanowicz
マントル対流が短い波長の、プレートの動きと平行に走る、指上の構造を作り出している。

Human Influences on Nitrogen Removal in Lakes
湖における人間が窒素除去に与える影響
Jacques C. Finlay, Gaston E. Small, and Robert W. Sterner
地球上の大きな湖においては、リン酸濃度の上手なコントロールがかえって窒素の蓄積に繋がることが明らかに。

Ancient DNA Reveals Key Stages in the Formation of Central European Mitochondrial Genetic Diversity
古代のDNAがヨーロッパ中部のミトコンドリアの遺伝的多様性の形成において重要な段階を明らかに
Guido Brandt, Wolfgang Haak, Christina J. Adler, Christina Roth, Anna Szécsényi-Nagy, Sarah Karimnia, Sabine Möller-Rieker, Harald Meller, Robert Ganslmeier, Susanne Friederich, Veit Dresely, Nicole Nicklisch, Joseph K. Pickrell, Frank Sirocko, David Reich, Alan Cooper, Kurt W. Alt, and The Genographic Consortium
364人の先史時代のヒトのミトコンドリアDNA分析から、新石器時代のドイツにおける人口統計と移動パターンが明らかに。