Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2012年4月27日金曜日

新着論文(PNAS, PO)

Proceedings of the National Academy of Sciences
Vol. 109, No. 17 (24 April 2012)

Role of the Bering Strait on the hysteresis of the ocean conveyor belt circulation and glacial climate stability
Aixue Hu, Gerald A. Meehl, Weiqing Han, Axel Timmermann, Bette Otto-Bliesner, Zhengyu Liu, Warren M. Washington, William Large, Ayako Abe-Ouchi, Masahide Kimoto, Kurt Lambeck, and Bingyi Wu
ダンシュガード・オシュガーサイクル(DO cycle)は氷期に特徴的な気候変動であるが、氷期の初期や間氷期にはおこらないことが知られている。最先端のモデルシミュレーションからベーリング海峡の閉鎖によって北極海と太平洋の海水交換が停止することでこのような急激な気候変動が生じる可能性が示唆された。

Antarctic and Southern Ocean influences on Late Pliocene global cooling
Robert McKay, Tim Naish, Lionel Carter, Christina Riesselman, Robert Dunbar, Charlotte Sjunneskog, Diane Winter, Francesca Sangiorgi, Courtney Warren, Mark Pagani, Stefan Schouten, Veronica Willmott, Richard Levy, Robert DeConto, and Ross D. Powell
南極ロス海から得られた堆積物コア(ANDRILL-1B)を用いてPlioceneの海洋環境と海氷の張り出しを復元。3.3Ma頃から氷床拡大がスタートした?寒冷化によって南半球の偏西風が強化され、海洋循環も強化された?
McKay et al. (2012)を改変。
上図はPlioceneの中でも暖かい時期。下図はLate Plioceneの冷たい時期を表す。


Paleoceanography
19 April 2012 - 24 April 2012

Can we use ice sheet reconstructions to constrain meltwater for deglacial simulations?
Bethke, I., C. Li, and K. H. Nisancioglu
EMICsを用いて退氷期における融け水の子午面循環に与える影響を議論。融け水に対する感度の違いによって子午面循環が止まるもの、弱まるものが見られた。氷床量の復元結果は退氷期における融け水の役割を制約するには今ひとつ物足りない。

Origin of magnetic mineral concentration variation in the Southern Ocean
Yamazaki, T., and M. Ikehara
南インド洋で採取された堆積物コア中の陸源・生物源磁性鉱物を分析。MIS12から現在にかけて氷期に生物源の磁性鉱物が増加する特徴が観察され、鉄肥沃化(Iron Firtalization)が原因として考えられる。