Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2012年4月21日土曜日

新着論文(Science #6079)

Science
VOL 336, ISSUE 6079, PAGES 269-380 (20 APRIL 2012)

Researth Highrights
The Sun’s Push
太陽の後押し
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 109, 10.1073/pnas.1118965109 (2012).
南極アイスコアの10Beから過去9400年間の太陽活動を復元。アジアモンスーンの変動は太陽の変動だけでなく他の要因(火山活動や温室効果ガスなど)が大きく影響していると考えられる。

Can coral cope with climate change?
サンゴは気候変動に対処できるか?
Curr. Biol.  (2012)
GBRにて緯度方向にとった132地点でサンゴをサンプリングし種組成を見たところ、温度や白化現象に対する脆弱性に関係なく、種組成が大きく変化。温度が規定要因ではない?

News Focus
Evidence Mounts for Dam-Quake Link
ダム-地震のリンクの証拠が積上っている

四川大地震は上流のダム建設による水循環の変化が原因で起こった?

Perspectives
A Dive to Challenger Deep
チャレンジャー海溝への潜水
Richard A. Lutz and Paul G. Falkowski
最近のJames Cameronによるチャレンジャー海溝への潜水が深海の科学の新たな開拓を招いた。

Review
The State and Fate of Himalayan Glaciers
T. Bolch, A. Kulkarni, A. Kääb, C. Huggel, F. Paul, J. G. Cogley, H. Frey, J. S. Kargel, K. Fujita, M. Scheel, S. Bajracharya,and M. Stoffel
ヒマラヤの山岳氷河は他の氷河と同じく後退しつつあるが、カラコルム氷河のように安定しているものもある。しかしゆくゆくは後退し、水資源や災害の引き金となるだろう。

Articles
Dynamic Causes of the Relation Between Area and Age of the Ocean Floor
N. Coltice, T. Rolf, P. J. Tackley, and S. Labrosse