Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2013年11月13日水曜日

新着論文(Ncom)

Nature Communications
16 October 2013
Earthworms facilitate carbon sequestration through unequal amplification of carbon stabilization compared with mineralization
Weixin Zhang et al.
>Nature姉妹紙 ハイライト
土壌による炭素吸収を仲介するミミズと地球温暖化

23 October 2013
Vortex magnetic structure in framboidal magnetite reveals existence of water droplets in an ancient asteroid
Yuki Kimura et al.
>Nature姉妹紙 ハイライト
隕石から蒸発した最後の水滴が残していったもの

Natural gold particles in Eucalyptus leaves and their relevance to exploration for buried gold deposits <OPEN>
Melvyn Lintern, Ravi Anand, Chris Ryan and David Paterson
金鉱床の上に生えるユーカリ属(Eucalyptus)の木の葉の中の金粒子の存在度を用いて探鉱が可能である可能性を示唆。
>Nature姉妹紙 ハイライト
金の粒子を生み出すユーカリ?

Sequestration of Martian CO2 by mineral carbonation
Tim Tomkinson, Martin R. Lee, Darren F. Mark and Caroline L. Smith
>Nature姉妹紙 ハイライト
火星の大気中の二酸化炭素は岩石に吸収されていた

30 October 2013
Cretaceous stem chondrichthyans survived the end-Permian mass extinction
Guillaume Guinot, Sylvain Adnet, Lionel Cavin and Henri Cappetta
>Nature姉妹紙 ハイライト
大量絶滅を生き延びた古生代のサメ

Cumulative human impacts on marine predators
Sara M. Maxwell et al.

Deoxygenation alters bacterial diversity and community composition in the ocean's largest oxygen minimum zone
J. Michael Beman and Molly T. Carolan
生物地球化学的に酸素極小層(OMZ)は重要な役割を果たしているが、それが気候変化にどう応答するかはよく分かっていない。世界最大のOMZが存在する北米大陸西岸のバクテリアコミュニティーと酸素濃度との間に強い結びつきがあることが示された。気候変化とともにOMZは拡大すると予測されているが、酸素濃度の低下は微生物の組成や多様性、機能に影響する可能性がある。

6 November 2013
Palaeoclimate reconstructions reveal a strong link between El Niño-Southern Oscillation and Tropical Pacific mean state
Aleksey Yu Sadekov, Raja Ganeshram, Laetitia Pichevin, Rose Berdin, Erin McClymont, Henry Elderfield and Alexander W. Tudhope

Exceptional mobility of an advancing rhyolitic obsidian flow at Cordón Caulle volcano in Chile
Hugh Tuffen, Mike R. James, Jonathan M. Castro and C. Ian Schipper

Rapid regional perturbations to the recent global geomagnetic decay revealed by a new Hawaiian record <OPEN>
L. V. de Groot, A. J. Biggin, M. J. Dekkers, C. G. Langereis and E. Herrero-Bervera
近年地磁気は弱化しつつあるが、過去の記録が必要とされている。ハワイの溶岩から過去2000年間の地磁気強度を復元。

Evidence for the alkaline nature of parental carbonatite melts at Oka complex in Canada
Wei Chen, Vadim S. Kamenetsky and Antonio Simonetti