Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2014年1月20日月曜日

新着論文(Ncom, SR)

Nature Communications
8 January 2014
Anthropogenic radionuclides in atmospheric air over Switzerland during the last few decades
J. A. Corcho Alvarado, P. Steinmann, S. Estier, F. Bochud, M. Haldimann and P. Froidevaux
>Nature姉妹紙 ハイライト
核兵器実験に由来する放射性粒子が地表に近づく可能性

Submicron structures provide preferential spots for carbon and nitrogen sequestration in soils <OPEN>
Cordula Vogel, Carsten W. Mueller, Carmen Höschen, Franz Buegger, Katja Heister, Stefanie Schulz, Michael Schloter and Ingrid Kögel-Knabner

Persistent 400,000-year variability of Antarctic ice volume and the carbon cycle is revealed throughout the Plio-Pleistocene
B. de Boer, Lucas J. Lourens and Roderik S.W. van de Wal
3次元氷床モデルを用いて過去500万年間の南極氷床の挙動を復元したところ、(漸新世と中新世に確認されていた)堆積物コアのδ13Cから示唆されている離心率変動に伴う40万年周期が初めて更新世にも確認された。南極が過去3,500万年間の長期的な炭素循環を支配しており、150万年前にMPTが起きて以降、北半球氷床が支配する10万年周期が卓越する気候システムへと変化したことを示唆している。

15 January 2014
特になし

Scientific Reports
7 January 2014
特になし

14 January 2014
Artificial Weathering as a Function of CO2 Injection in Pahang Sandstone Malaysia: Investigation of Dissolution Rate in Surficial Condition
Madjid Jalilavi, Mansoor Zoveidavianpoor, Farshid Attarhamed, Radzuan Junin & Rahmat Mohsin
ケイ質鉱物に含まれるアルカリ元素・アルカリ土類元素をCO2と反応させ、炭酸塩とすることで大気へのCO2排出量を削減できることが期待されている。マレーシアのPahang砂岩に対して実験を行ったところ、確かに有為に反応が進行していることが示された。

500-year climate cycles stacking of recent centennial warming documented in an East Asian pollen record
Deke Xu, Houyuan Lu, Guoqiang Chu, Naiqin Wu, Caiming Shen, Can Wang & Limi Mao
北京の近くの火山でできたXiaolongwan湖(Marr)から採取された堆積物コアの花粉分析から、過去5.35kaの気温を復元したところ、およそ500年の変動周期が検出された。これはグリーンランド氷床の気温や太陽活動の変動周期とも一致することから、太陽の小さな強制力が気候に影響したものと思われる。将来は寒冷化のフェーズに入るため、人為的な気候の温暖化を打ち消す働きがある可能性がある。

Tsunami: Ocean dynamo generator
Hiroko Sugioka, Yozo Hamano, Kiyoshi Baba, Takafumi Kasaya, Noriko Tada & Daisuke Suetsugu
海水の流れは地磁気とは別の磁場を生じさせると考えられているが、検出が難しい。2010年チリ沖で生じた津波によって生じた磁場が太平洋中央部の海底に設置されていた装置によって捕らえられていた。現在津波の早期警報システムには海水準と海底の圧力変化が用いられているが、磁場変化もまた取り入れることでシステムが改善するかもしれない。

Long-term intensive management increased carbon occluded in phytolith (PhytOC) in bamboo forest soils
Zhang-ting Huang, Yong-fu Li, Pei-kun Jiang, Scott X. Chang, Zhao-liang Song, Juan Liu & Guo-mo Zhou

Meridional variability of atmospheric convection associated with the Indian Ocean Dipole Mode
Evan Weller & Wenju Cai